共創が生まれる学修環境:海外大学の事例をもとに

共創が生まれる学修環境:海外大学の事例をもとに

ALseminar2023_4_banner.png

ポスター

開催日時・場所・参加費

講師

概要

新型コロナウイルス感染症の5類移行にともない、大学の授業は教室での対面形式に戻り、課外活動や学内行事も再開されました。大学のキャンパスとそこで学習する学生の様子は、一見COVID-19パンデミック以前と変わらぬ様相を呈しています。しかし国内では、教育活動のオンライン化やBYODが進み、学生をとりまく教育学習環境は着実に変化しつつあります。学びの場のひとつである大学図書館の入館者数もCOVID19後は元の水準に戻っておらず、大学生の学習環境は、いまや「キャンパス内のみ」「物理的な学習空間のみ」に限られない様子が伺えます。

もし、パンデミックの間に学生の行動様式そのものが変わっているのであれば、大学は、その変化に対応した新しい学習環境を整備することが求められます。いま学生に必要なものは、かつての学習室のように、誰にとっても大きな不満がない、汎用性のある学習空間ではありません。むしろ、学生の学習スタイルや多様性を反映し、彼らのニーズに最適化された「新たな学びの場」がオンラインとオフライン、キャンパスの内外に様々なかたちで整備されていること、それによって学生の学習を刺激することが求められています。

今回のセミナーでは、長年にわたり大学のキャンパス整備に取り組まれてきた上野武先生を講師にお招きし、海外の大学における最新の学習環境整備の事例をご紹介いただくとともに、学生の学習スタイルを重視した学習環境の構築についてお話しいただきます。上野先生によれば、「COVID-19パンデミック後も海外の大学における学習環境はそれほど変化していない」とのことですが、それは一体なぜなのか? 今日の高等教育が目指すべき学習者本位の理念にもとづく学習空間整備とは、一体どのようなものなのか?上野先生から示唆に富んだお話しを伺いつつ、参加者のみなさまと「これからの学習環境」について改めて考える契機としたいと思います。

ALPS履修証明プログラムの対応テーマ

学習環境の設計と評価 (参照:ALPS履修証明プログラム

申込方法

申し込みは締め切りました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

その他

サービス別

学ぶ

研究する

教える

アカデミック・リンク・センター/図書館について