総合利用案内

総合利用案内

★新型コロナウイルス感染症対策に伴う利用内容の変更は、新型コロナウイルス感染症対策のための特別対応をご覧ください。

目次

千葉大学の図書館について

千葉大学附属図書館は、本館(西千葉キャンパス)、亥鼻分館(亥鼻キャンパス)、松戸分館(松戸キャンパス)の3館で構成されており、千葉大学の学生・教職員の皆さんはいずれの図書館も利用できます。

このページでは、附属図書館全体の利用について案内します。各図書館の利用の詳細については、利用案内一覧から、各館の利用案内や施設案内をご覧ください。
また、教職員向け利用案内、大学院進学者(本学学部生)向けの案内学外の方向けの案内寄贈をお考えの方への案内もあります。

図書館利用のルール

入館にあたってのお願い

新型コロナウイルス感染症対策のため、図書館に入館される方には下記をお願いしています。

利用できる日時

各図書館とも、平日と土日祝日で開館時間が異なります。また各キャンパスの授業期間と休業期間によっても異なりますので、各館の開館カレンダーをご確認ください。
臨時の休館等については、WebサイトTwitterfacebookでお知らせします。

開館カレンダー: 本館 | 亥鼻分館 | 松戸分館

図書館利用証

学生は学生証、教職員は職員証が図書館の利用証となります。
図書館の入館(松戸分館は3階のみ)や貸出などの際に必要となりますので、ご持参ください。なお忘れた場合も入館はできますので、カウンターで所定の手続きをしてください。

図書館資料の貸出・返却

図書館で所蔵する資料は、カウンターあるいは自動貸出返却装置で手続きをして借りることができます。手続きには、学生証(職員証)と資料が必要です。

借りた資料は、期限内に返却をしてください。返却手続きは、カウンターあるいは自動貸出返却装置で手続きを行いますが、学生証(職員証)は必要ありません。閉館時は、図書返却ポストにご返却ください。
資料を借りた図書館に限らず、3つの図書館どこでも返却することができます。

貸出冊数・期間

貸出冊数・期間は、各図書館で異なります。冊数はそれぞれの図書館から借りられる数です。ご自身の貸出状況は、MyLibraryで確認ができます。
学生のみ、夏季休業や春季休業の期間は貸出期間が長くなります。詳細はWebサイトでご確認ください。

貸出期間の延長

借りている資料は、学内の方は、延長手続きを行うことで、貸出期間を延ばすことができます。(延長回数には制限があります)延長後の返却期限日は、手続きをした日から貸出期間の日数先の日となります。
延長手続きは、MyLibraryから行います。詳しくはMyLibraryの使い方をご覧ください。

下記の場合は、延長手続きができませんのでご注意ください。

罰則

資料を延滞する(貸出期間を過ぎる)と、貸出禁止などの罰則が適用されます。過ぎた日数に応じて資料・館内施設・貸出用端末等が借りられなくなります。

資料を探すには

千葉大学附属図書館蔵書検索(OPAC)で、千葉大学の所蔵資料(図書、電子書籍、雑誌、視聴覚資料)を検索できます。
また、電子ジャーナルで利用できる学術雑誌も多くあります。電子ジャーナルAtoZで、雑誌名を検索してご利用ください。

詳しくは、千葉大学にある図書・雑誌を探す をご覧ください。

CDやDVDなどの視聴覚資料は貸出をしていません。各図書館の利用方法をご確認ください。

貴重図書やマイクロ資料などの利用には、資料を所蔵する図書館カウンターへの申請が必要です。利用場所や時間も限られますのでご注意ください。ご連絡に際しては、お問い合わせ先をご確認ください。

資料をコピーする

著作権法に許可されている範囲内で、調査研究を目的として指摘に利用する場合に限り、資料の一部分を複写することができます。
館内のコピー機の近くに掲示されている規程をご確認の上、著作権法順守のため、コピー機の横に備えている「文献複写申込書」を記入して、資料を複写してください。

私費のコピー機(コイン式、プリペイドカード式)と校費のコピー機があります。
各図書館のコピー機の場所は、館内マップでご確認ください。

学内に必要な資料がない場合

千葉大学に求める資料がない場合は、他の図書館の資料を利用したり、購入希望を申込むことが可能です。(学内の方のみへのサービスです)

  1. 他の図書館から借りる(送料実費)
  2. 他の図書館からコピーを取り寄せる(送料・コピー代実費)
  3. 他の大学図書館へ行って調べる(紹介状が必要な場合があります。紹介状の発行についてをご参照ください。)
  4. 図書館に資料の購入希望を申込む

1、2については、文献の取り寄せをご参照ください。

図書館で借りられる物品について

ノートPC(本館と松戸分館)、タブレット端末(本館)、電子辞書(本館と亥鼻分館)、プロジェクター(本館)などをカウンターで借りて、図書館内で使用することができます。
借りた図書がかばんに入らないときは、持ち帰り用の袋もカウンターで借りられます。
詳しくは、各図書館の利用案内でご確認ください。

動画作成用の機材貸出は、収録機材を借りるでご案内しています。

図書館で勉強する

各図書館には、個人での学習や、友人と議論や会話をしながら勉強ができる、様々なエリアがあります。グループ学習室のように利用申込をして利用する部屋もあります。

詳しくは、各図書館の利用案内でご確認ください。

大学の無線LANを利用する

各図書館内は、ほとんどのエリアで大学の無線LANを使用することができます。
近くで多くの人が無線LANを使用していたり、壁などの配置により繋がりにくい場合がありますので、その場合は少し移動するなどしてください。

接続の仕方は、統合情報センターのWebサイト(学内限定アクセス)や入学時に配布される冊子(学術情報基盤システム利用案内)をご覧ください。

メディア授業を受講する

閲覧席でメディア授業の視聴が可能です。ヘッドホン・イヤホン等を持参し、周囲に音が漏れないようにしてください。

同時双方向型メディア授業の受講は、発話を求められる場合があります。発話が可能なエリアは、各図書館の利用案内でご確認ください。

印刷する

各図書館で印刷に関する環境が異なります。印刷するのページでご確認ください。

アジア経済研究所図書館の利用について

千葉大学附属図書館は、アジア経済研究所図書館と相互利用に関する覚書を締結しており、お互いの図書館をより便利に利用できます。どうぞご活用ください。
*詳細は本館総合カウンターまでお問合せください。

個人貸出の手続き方法

1.千葉大学附属図書館本館総合カウンターで申請書にご記入のうえ、平日9:00-16:30までにお申込みください。(メール、電話での申込みはできません。)

2.アジア経済研究所図書館カウンターで職員証/学生証を提示し、1の申請書を提出してください。利用者カードが発行されます。図書館共同利用制度についてもご参照ください。

<利用者カードの有効期限>
カード交付日から交付年度3月31日まで(更新可)

<アジア経済研究所図書館の貸出条件>
・貸出冊数 10冊
・貸出期間 一般図書 30日間、統計図書 14日間

<アジア経済研究所図書館での交付時間>
平日、第1・3土曜の開館時間10:00~18:00

新型コロナウイルス感染症対策のための特別対応

※図書の貸出冊数・延長回数については、2022年5月9日より通常の冊数・回数に戻します。詳しくは、お知らせをご覧ください。

学外の方の来館利用は引き続き制限をしています。詳しくは、学外の方へをご覧ください。

郵送による貸出(千葉大学学生限定)

新型コロナウイルス感染症の影響のため、千葉県などの首都圏をやむを得ず離れていたり、強い健康不安を感じるなどで、来館困難な学生を対象に、お住まいの地域の公共図書館などでは入手困難な図書の郵送貸出を行います。(1回3冊まで、毎月1回まで、それ以上は要相談)

郵送貸出の申込方法

メール本文に以下の情報を記載し、お送りください。
受付後、折り返しメールにてご連絡差し上げます。

[宛先]fbc2258★office.chiba-u.jp  ★は@に変えてください。
[件名]郵送貸出希望
[本文]
 1.氏名
 2.学生証番号
 3.送付先郵便番号
 4.送付先住所
 5.送付先電話番号または携帯電話番号
 6.郵送貸出を希望する事情
 7.今回の申込総冊数
 8.資料名
 9.配架場所
 10.巻次
 11.請求記号
 12.登録番号
1~8,12は必ずご記入ください。
※8~12の内容は、蔵書検索OPACで検索の上、ご入力ください。希望資料が複数点ある場合は、繰り返しご入力ください。

申込から貸出図書の発送までは、数日を要します。
貸出時の送料は、図書館が負担します。ただし返却を郵送等で行う場合は、ご自身の送料負担で送付してください。

郵送による返却

郵送(レターパックも可)や宅配便での返却も可能です。

返送方法

返送先

所蔵館宛にお送りください。所蔵館の異なる複数の図書を返却する場合は、一つの図書館にまとめてもかまいません。

住所等はお問い合わせ先でご確認ください。

学習スペースの利用

図書館内の閲覧席は、お互いの距離をとれるようにするため、数を減らしているエリアがあります。

閲覧席でメディア授業の視聴が可能です。ヘッドホン・イヤホン等を持参し、周囲に音が漏れないようにしてください。
同時双方向型メディア授業の受講は、発話を求められる場合があります。発話が可能なエリアは、各図書館の利用案内でご確認ください。

グループ学習を行える場所は、各図書館の利用案内でご確認ください。
グループ学習を行う際は、全員がマスクを着用の上、お互いの距離を1m以上とるようにしてください。

お問い合わせ

お問い合わせ先をご確認のうえ、利用する図書館にご連絡ください。

サービス別