【工業デザイン集】油圧ショベル PC138US-8 / Hydraulic Excavator PC138US-8
柳田, 泰宏 / YANAGIDA, Yasuhiro コマツ / Komatsu Ltd.

【真菌・放線菌ギャラリー】Penicillium chrysogenum, microscopy
Phialoconidia (分生子(フィアロ型))

【江戸・明治期園芸書コレクション】三都一朝 上(成田屋留次郎)
入谷の朝顔師成田屋留次郎がまとめた朝顔の優品の図譜。彩色図88点を収め、京・大坂の花も含む。「葉の色+葉の形+花の色+花の形」で朝顔の名をあらわし、花合わせでは、それぞれの変異の度合いと組み合わせの妙を競い合う。掲載花は、牡丹咲きで茶色や鼠色等、渋い色の花がもてはやされた時代を反映している。

【町野家文書】(租税ほか金札にて上納の旨布告  木版刷)
明治二年五月

【萩庭植物標本データベース】トモシリソウ / Cochlearia oblongifolia DC.
原著和名: トモシリサウ;科名: アブラナ科 = Cruciferae;採集地: 北海道;採集日: 1975/7/8;採集者: 萩庭丈壽;整理番号: JH002526;国立科学博物館整理番号: TNS-VS-952526;備考: 2021.06.01 採集地情報をマスキングしました

【真菌・放線菌ギャラリー】Aspergillus oryzae, SEM
Vesicles, Phialide, Conidia (頂のう, フィアライド, 分生子)

【古医書コレクション】(重訂) 解体新書 序・附言(大槻 玄沢)
安永3年(1774)・クルムスの解剖書を訳して『解体新書』を刊行した杉田玄白は、その内容に不備な点があるので、門人の大槻玄沢(一ノ関藩医)に命じ、改訂させ寛政10年(1788)13冊本としてできたのが本書で、これは文政9年版である。

【萩庭植物標本データベース】エゾタカネツメクサ / Minuartia arctica Aschers. et Graebn.
原著和名: エゾタカネツメクサ;科名: ナデシコ科 = Caryophyllaceae;採集地: 北海道 ;採集日: 1959/8/3;採集者: 萩庭丈壽;整理番号: JH900216;国立科学博物館整理番号: TNS-VS-994115;備考: 2021.06.01 採集地情報をマスキングしました

【真菌・放線菌ギャラリー】Aspergillus fischeri, microscopy
PDA, 25℃, 14Days (PDA, 25℃, 14日培養)

【真菌・放線菌ギャラリー】Aspergillus fumigatus, microscopy 1
Vesicles, Phialide, Conidia (頂のう, フィアライド, 分生子)

【工業デザイン集】コーヒーメーカー HM-50M3 / Coffee maker
小笠原, 幹夫 / OGASAWARA, Mikio

【古医書コレクション】流行麻疹けん(芳艶)
じゃんけん遊びで、はしかにかかった時の自己診断法、食べると良い物、食べてはいけない物が判り易くまとめられている。

【江戸・明治期園芸書コレクション】俳諧季寄図考草木(梅枝軒来鶯)
俳諧で取り上げられる景物のうち、主として植物を月ごとに単彩のやわらかな筆使いで描く。わらびは萌え出た姿、イタドリは芽、ニラやニンニクは根という様に、句を詠む者の視点で描かれている点が本書の特徴である。藍刈(あいかる)、間引き菜等も載せられて風雅とともに生活との関連で植物が取り上げられている。

【江戸・明治期園芸書コレクション】花菖培養録草稿(松平 定朝(菖翁))
花菖蒲の改良に力を尽くした旗本松平定朝が著した書で、21葉の花の図、1葉の草表裏図、歌二首、栽培法が収められている。彼は、「狂咲き爪折抱よれ狂い」等「業」のある花を作出して花菖蒲の花形を飛躍的に発展させた。彼の作り出した花菖蒲は約300種、そのうち20品種弱が「菖翁花」と呼ばれて今日伝えられている。

【江戸・明治期園芸書コレクション】都鄙秋興(幸良弼)
変化朝顔120種余をまとめた図譜。著者の幸良弼(こう よしすけ)は南町奉行の跡部能登守である。出版者の成田屋留次郎は植木屋である。これには『三都一朝』と同じ版木を使用したものが含まれる。作者は41名で、題名のとおり川越、宇都宮、北総高岡といった鄙(いなか)の者の割合が高く、朝顔の流行が地方にも及んでいたことを示している。

【真菌・放線菌ギャラリー】Phialophora verrucosa, microscopy
Phialoconidia (分生子(フィアロ型))

【萩庭植物標本データベース】コオトギリ / Hypericum hakonense Franch. et Savat.
原著和名: コオトギリ;科名: オトギリソウ科 = Guttiferae;採集地: 神奈川県;採集日: 1959/8/28;採集者: 萩庭丈壽;整理番号: JH018870;国立科学博物館整理番号: TNS-VS-968870;備考: 2021.06.01 採集地情報をマスキングしました

【町野家文書】諸法度連印帳(村議定)
文久三年二月日 差出人・編著者: 犢橋村三給立会 形態: 冊

千葉大学学術リソースコレクション


c-arc ― Chiba University Academic Resource Collections

千葉大学学術リソースコレクションとは

千葉大学学術リソースコレクション(c-arc)は、千葉大学附属図書館がウェブ上で公開・提供するコンテンツを学術リソースとして広く使ってもらうためにコレクションとしてまとめたものです。 画像データについては、International Image Interoperability Framework (IIIF) という技術を用いて、学術リソースとして簡単に利活用できる環境を提供しています。 本サイトは、デジタルコンテンツを活用した研究・教育・学習を実現するための新しい教育研究基盤である「デジタル・スカラシップ」構築の一環として、アカデミック・リンク・センターが制作しました。

IIIFの使い方

コレクション

利用条件

「千葉大学 学術リソースコレクション」の利用について
コンテンツの著作権について

「千葉大学学術リソースコレクション」(以下「当コレクション」とします。)に掲載されているデジタルコンテンツには、著作権法で保護されているものが含まれます。その権利は原則として、原資料の著作者など、正当な権原を持つ第三者に帰属しています。

当コレクションのウェブページ、および、当コレクションに含まれるデータベースの著作権は、国立大学法人千葉大学に帰属しています。

コンテンツの利用について

当コレクションに掲載されているデジタルコンテンツを著作物として利用(複製、頒布、送信、譲渡、翻案など)する場合、個別にCreative Commonsのライセンスなどにより利用条件が明記されているコンテンツは、その条件に従ってください。

当コレクションに掲載されているデジタルコンテンツのうち、Rights Statementsの定める 「No Copyright – Contractual Restrictions」と表示されているコンテンツ(著作権保護期間が満了しているコンテンツなどに表示)は、以下の要件を満たす場合、特別な手続きを経ることなくご利用いただけます。

1. 千葉大学附属図書館が提供するデジタルコンテンツであることを明示してください。

2. コンテンツを改変して利用する場合は、原資料から改変していることを明示してください。

※なお、当コレクションに掲載されているコンテンツを利用して成果物(図書・論文・ウェブサイト等)を作成されましたら、下記の「お問い合わせ先」までお知らせいただければ幸いです。

著作権以外の権利について

当コレクションに掲載されているコンテンツは、著作権法以外の法令(商標法、意匠法など)に基づいて保護されていることがあります。

コンテンツのご利用にあたっては、著作者人格権やプライバシー等にご配慮ください。

免責事項

国立大学法人千葉大学は、利用者が当ウェブサイトおよび当コレクションに掲載されているコンテンツを用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。また、コンテンツの利用により、または利用できなかったことにより損害が生じても、一切責任を負いかねます。

お問い合わせ先

当コレクションについてのお問い合わせは、以下までお願い致します。
千葉大学附属図書館 利用支援企画課 リポジトリ担当
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33  e-mail: ir[at]office.chiba-u.jp

利用条件(PDF版)

お問い合わせ

千葉大学附属図書館 利用支援企画課 リポジトリ担当
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
e-mail: ir[at]office.chiba-u.jp