論文掲載料(APC)に関する案内

論文掲載料(APC)に関する案内

論文掲載料(APC : Article Processing Charge)とは、学術雑誌に掲載する論文をオープンアクセス(OA)として出版するために必要な費用です。ここでは、千葉大学に所属する方に向けてAPCに関する情報を案内します。

論文をOAにしてネット上で誰でも無料で閲覧できるようにすることで、自身の研究を広めるだけでなく研究成果を社会に還元することにも繋がります。OA化の様々な方法については、研究成果をネットで公開する(オープン化)もご覧ください

目次

対象出版社(アルファベット順)

電子ジャーナル転換契約による論文掲載料(APC)の支援について

電子ジャーナル転換契約について

電子ジャーナルの購読費用とAPCを一体で契約することで、ジャーナルの購読費用を論文出版費用に転換させ、OA出版を拡大しながら大学全体の支出を抑制し、大学の研究成果を広く公開することを目指します。

転換契約のOA出版枠を利用して論文を出版する場合、「千葉大学オープンアクセス推進に係る研究論文掲載費用支援制度実施要領」(学内LANのみ閲覧可)により、論文1本毎に著者から正規APCよりも低額なOA推進分担金を拠出いただきます。
OA推進分担金の金額について学内限定の案内(要:千葉大学GoogleWorkspaceアカウントログイン)をご確認ください。(学内限定の案内 学内LANからはこちら
本制度の対象者は、千葉大学構成員であり、所属部局を通して研究費等からOA推進分担金を振り替えることが可能な方です。

OA推進分担金は、OA出版された論文本数を図書館が取りまとめ、年数回の頻度で著者の所属部局にOA推進分担金の振替を依頼します。OA推進分担金は転換契約継続の経費として還元されます。

*本制度ではOA出版にかかる論文掲載料であるAPCを対象としており、カラーチャージや別刷等、論文出版にかかるその他の費用については別途、著者による支払が必要です。

対象出版社

2024年1月からSpringer Nature、Royal Society of Chemistry、Rockefeller University Press、2024年4月からはElsevierについて利用開始します。
出版社によりOA出版の流れが異なりますので、本ページ内に掲載している情報をご確認の上、ご利用ください。各出版社のOA出版概要についてまとめたハンドアウトもご覧ください。(要:千葉大学GoogleWorkspaceアカウントログイン)。(ハンドアウト 学内LANからはこちら)

Rockefeller University Press

転換契約によりOA出版された場合、2023年までは試行としてAPCを無料としていましたが、2024年からはOA推進分担金の振替が必要です。

対象誌

対象論文

本学所属者が責任著者(Corresponding Author)であり、以下の期間内(米国東部標準時)にアクセプトされた論文

OA推進分担金の金額は学内限定の案内(要:千葉大学GoogleWorkspaceアカウントログイン)からご確認いただけます。(学内限定の案内 学内LANからはこちら

転換契約によるOA出版の流れ

詳細については Rockefeller University Press Read-and-Publish Agreement Author Experience及び原稿投稿時の所属機関入力ガイドライン(著者向け)※3月10日改訂版もご確認ください。

  1. 論文投稿
    論文投稿時に「Manuscript affiliation」の欄で千葉大学のROR IDを選択

    本学のROR IDは以下の3つです。
    ・Chiba University(https://ror.org/01hjzeq58)
    ・Chiba University Hospital(https://ror.org/0126xah18)
    ・Center for Forensic Mental Health, Chiba University(https://ror.org/05b0gpy83)

  2. アクセプト
    ・著者宛にライセンス選択画面へのリンクが送付される

  3. OA出版手続き
    ・対象論文の場合、ライセンス選択画面にRead & Publishモデル契約によるOA出版の選択肢が表示される
    ・Read & Publish対象ライセンスを選択後、著者宛に通知されるInvoiceのBalance dueに$0.00と記載される

  4. OA出版
    ・OA推進分担金の会計処理のため、OA出版をした場合は問い合わせ先記載のメールアドレス宛に対象論文の情報をお知らせください

    ・出版社からの図書館宛の通知及び著者の申告に基づき、年数回、図書館から著者所属部局にOA推進分担金の振替を依頼します

Royal Society of Chemistry

転換契約によりOA出版された場合、2023年までは試行としてAPCを無料としていましたが、2024年からはOA推進分担金の振替が必要です。

対象誌

Royal Society of Chemistryが刊行するハイブリッドOA誌

フルゴールドOA誌は対象となりませんのでご注意ください。

対象論文

本学所属者が責任著者(Corresponding Author)であり、以下の期間内(グリニッジ標準時)にアクセプトされた論文

*本学のOA出版枠数を超過した場合、OA出版をするためには正規APC価格から15%割引された金額の支払が必要です。この割引を利用してOA出版された論文についてはOA推進分担金は不要です。

OA推進分担金の金額及び本学のOA出版枠の数は学内限定の案内(要:千葉大学GoogleWorkspaceアカウントログイン)からご確認いただけます。(学内限定の案内 学内LANからはこちら

転換契約によるOA出版の流れ

詳細についてはRoyal Society of Chemistyの案内もご確認ください。

  1. 論文投稿
    ・投稿時の所属機関等の情報を登録
    ・原則として千葉大学対象ドメインのメールアドレスで投稿(対象論文識別のために必要)
     本学構成員であっても、対象ドメイン以外のメールアドレスを利用して投稿された場合はAPC支援の対象外となる場合がありますのでご注意ください。

  2. アクセプト
    ・出版社から通知されるlicensing systemの案内メールを確認

  3. OA出版手続き
    ・licensing systemにPublish & Readモデル契約の案内が表示されることを確認
    ・licensing system上でOA出版の可否を選択
    *OA出版を選択した際に、転換契約対象外の論文は正規APC価格、本学のOA出版枠残数が0の場合は正規APC価格から15%割引の金額を求められる

  4. OA出版
    ・出版社からの図書館宛の通知及び著者の申告に基づき、年数回、図書館から著者所属部局にOA推進分担金の振替を依頼します
    ・2024年3月にOA出版をした場合は、年度末会計処理のため問い合わせ先記載のメールアドレス宛に対象論文の情報をお知らせください

Springer Nature

対象誌

対象論文

*論文1本毎にOA推進分担金が必要です。
*OA出版枠の上限を超過した場合、OA出版をするためには従前通り正規APC価格の支払手続きが必要です。

OA推進分担金の金額及び本学のOA出版枠の数は学内限定の案内(要:千葉大学GoogleWorkspaceアカウントログイン)からご確認いただけます。(学内限定の案内 学内LANからはこちら

転換契約によるOA出版の流れ

詳細については、SpringerNatureによる著者向けの案内ページ及び対象ジャーナルから出版をお考えの方へ著者向けガイドもご確認ください。

  1. 論文投稿
    ・著者が所属機関の情報を登録
    ・原則として千葉大学対象ドメインのメールアドレスで投稿(対象論文識別のために必要)

  2. アクセプト
    ・論文受理の通知メールを確認
    ・出版社システム上で所属機関の確認

  3. 対象論文の識別
    ・対象論文の場合、出版社システム上で転換契約OA出版の案内が表示される
    *転換契約対象外の論文、もしくはOA出版枠残数0の場合、正規APC価格の支払または購読モデル出版選択画面が表示される

  4. 図書館での出版承認
    ・出版社から通知される情報を基に、図書館で著者が本学構成員であることを確認し、OA出版を承認
    ・年数回、著者所属部局にOA推進分担金の振替を依頼

  5. OA出版
    ・出版社から通知される出版合意書を確認して署名
    ・OA出版通知メールを受領

Elsevier (2024/4/1~) 利用開始予定

対象誌

ハイブリッドジャーナル
(後日タイトルリスト掲載予定)

対象論文

本学構成員が責任著者(Corresponding Author)であり、2024年4月1日~2025年3月31日(協定世界時)にアクセプトされた論文

後日、詳細を掲載します。

転換契約によるOA出版の流れ

後日、詳細を掲載します。

論文掲載料(APC)の割引について

本学の電子ジャーナル契約等によりAPCの割引が適用される出版社の情報を案内します。

American Chemical Society

本学がAmerican Chemical Societyの電子ジャーナルパッケージを購読していることにより、APCについて購読機関向け割引が適用されます。

対象誌

American Chemical Societyが刊行するハイブリッドOA誌

対象論文

本学所属者が責任著者(Corresponding Author)である論文

割引額

割引額は出版社のOpen Access Pricingの案内をご確認ください。
Open Access in Transformative journalsについて、購読機関向け価格(Subscribing Institution Pricing)が適用されます。
本学所属者かつACS会員の方はMember at Subscribing Institution Pricingが適用されます。

OA出版の手順

出版社のPublish Open Access with ACSをご確認ください。

Microbiology Society

ユサコ株式会社より、APCが10%割引になるOA出版費用割引プロモーションコードが配布されています(有効期限:2025年6月まで)。
どなたでも利用可能ですのでユサコ株式会社の案内を参照の上、ご利用ください。

National Academy of Sciences / PNAS

本学がPNASを購読していることにより、APCについて購読機関向け割引が適用されます。

対象誌

PNAS:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

対象論文

本学所属者が責任著者(Corresponding Author)である論文(Regular research articles)

割引額・OA出版の手順

割引額等の詳細は出版社のPublication Chargeについての案内をご確認ください。
PNASの掲載論文は掲載後6カ月経つとOAになりますが、APCを支払うことで即時OAとすることができます。
この即時OAに必要なAPCについて、購読機関(institutions with current-year site licenses)向けの割引が適用されます。

財務会計システムを利用したAPC支出額の調査について

2021年7月より、本学のAPC支払状況を把握するため、財務会計システムを利用した調査を行っています。
論文投稿料の財務会計システムへの入力の継続について(依頼)をご確認いただき、APCを支払う際はご協力をお願いします(閲覧には千葉大学Google Workspaceアカウントへのログインが必要です)。

お問い合わせ

このページの内容についてのお問い合わせは、以下の連絡先までお願いいたします。

附属図書館 雑誌担当
Tel: 043-290-2253
Mail: lib-article★chiba-u.jp

※「★」は「@」に置き換えてください。

サービス別