• アカデミック・リンク・セミナー

アカデミック・リンク・セミナー

デジタル・ペダゴジー(デジタル時代・AI時代の教育学)-教育・学修支援者の役割を問い直す ポスター(pdfで開きます)

開催日時・場所

  • 2021年7月1日(木) 14:30~16:00
  • Zoomによるウェビナーで開催
    ※申込完了後、ウェビナー参加のための案内メールが届きます。当日は案内に従ってご参加ください。

講師

  • 杉森 公一 氏(北陸大学高等教育推進センター長・教授)

概要

 現在、社会の様々な場面において、AIが活用されるとともに、デジタル化が進められています。大学教育においても、コロナ禍に伴うオンライン授業の導入が契機となり、授業などの教育活動にデジタル技術を取り入れる大学教育のデジタル化が推進されています。

 コロナ禍においては、各大学において授業のオンライン化に向けた緊急対応がされましたが、今後は、教育の質を高めるという観点から、授業が情報通信技術を活用したものとして定着・常態化していく、いわゆるデジタルトランスフォーメーションと言える状況の到来が予想されます。

 このように、社会全体や大学教育の場面において、デジタル化が推進される中で、今後、大学における教育・学修の考え方や教育・学修支援者の役割はどのように変化していくのでしょうか。

 今回のセミナーでは、『ROBOT-PROOF: AI時代の大学教育』を翻訳された杉森公一先生(北陸大学高等教育推進センター長・教授)をお招きして、「デジタル・ペダゴジー」(デジタル環境下における単なる教育手法ではない新しい教育・学習の考え方)や『ROBOT-PROOF: AI時代の大学教育』にて提示された4つの高次能力についてご講演いただきます。これらの視点を手掛かりとして、今後の教育・学修支援の変化や教育・学修支援者の役割について参加者の皆様とともに考えていきます。

申込方法

申込フォーム

上記の申込フォームを開き、入力のうえ、2021年6月29日(火)までに送信してください。