• アカデミック・リンク・セミナー

アカデミック・リンク・セミナー

「障がいのある学生への学修支援のあり方を考える」 ポスター(pdfで開きます)

開催日時・場所

  • 2020年1月10日 (金) 14:00-16:00
  • 千葉大学アカデミック・リンク・センターI棟1階 コンテンツスタジオ「ひかり」

講師

  • 村田 淳 氏 (京都大学学生総合支援センター 障害学生支援ルーム チーフコーディネーター・准教授)
  • 野口 武悟 氏 (専修大学文学部ジャーナリズム学科 教授)

概要

 2016年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が施行されたことにより、障害を理由とする不当な差別的取扱いが禁止されるとともに、障がい者から社会的障壁の除去を必要とする意思の表明があった場合、社会的障壁の除去について必要かつ合理的な配慮をすることが法的義務又は努力義務となりました。高等教育機関においては、合理的な配慮に関して、国公立大学等では法的義務、私立大学等では努力義務となり、各大学では障がいのある学生への支援が様々な形で行われております。

 また、2019年6月には、視覚障がい者等の読書環境の整備を総合的かつ計画的に推進する「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)」が施行されました。同法では、国や地方公共団体は、各図書館の果たす役割に応じ、視覚障がい者等が利用しやすい書籍等(点字図書・電子書籍等)の充実や円滑な利用のための支援の充実等必要な施策を講ずるものと規定されております。今後、各大学の図書館において、視覚障がい者等の利用に係る体制の整備が求められてくると言えるでしょう。

 今回のセミナーでは、各分野の専門家をお招きし、大学における障がいのある学生への修学支援、「読書バリアフリー法」の下で学生に対する学修支援を行う上で大学図書館に求められる配慮に関してご講演いただき、大学における障がいのある学生への学修支援について、総合的に考える機会にしたいと思います。

申込方法

申込フォーム

上記の申込フォームを開き、入力のうえ、2020年1月9日(木)までに送信してください。