EYeL!

いつでもどこでも論文を読むためには?

公開日

みなさんが課題やレポートを出されたときに、「この本を読んできてね」とか「ちゃんと自分で参考文献を探してレポートを書きましょう」といったことを先生から言われるかと思います。

そんなときに、千葉大学に来なくても本や論文を探して、実際に読むために必要な豆知識とスキルを伝授します。

おうちから読めるものは大きくわけて2つ

千葉大生がおうちから読めるものには大きくわけて以下の 2種類 があります。

  1. ログインしなくても読めるもの
  2. ログインすると読めるもの←重要!

ログインしなくても読めるもの

ログインしなくても読めるもののことを、オープンアクセス と呼びます。

これは千葉大生でなくとも誰でも無料(=Free)で読めるものです。

オープンアクセスの論文は「Open Acess」「OA」「OA論文」などのキーワードや鍵のあいたアイコンがついていることが多いです。

ログインすると読めるもの

千葉大生であればいつでもどこでもログインすると読むことができるものです。

「ログインする」=「統合認証する」と覚えてください。ログインが必要なときには、このような画面が出てきます。

ログイン画面
ログイン画面

利用者番号 / Account ID には統合情報センターの利用者番号を入力します。
パスワード / Password はメールや学生ポータルにログインするときのパスワードと共通です。

MoodleにログインするときのIDとパスワードでログインすることができます。

読みたいものによっては、この画面にたどりつくまでにいくつかステップを踏む必要があります(後述)。

実際に読めるものを探してみよう

今回は、CiNii Articlesという検索サイトを使ってみます。

まずはログイン

メニューをクリック

CiNiiトップ

メニューからログインをクリック

CiNiiメニュー
※PCや一部のタブレットはトップページにログインと表示されています
CiNiiトップ

「所属機関の学内認証システムでログインする方」 から千葉大学を選択して、ログインをクリック

所属機関選択画面

先ほど説明した画面になるので、IDとパスワードを入力してログイン。

ログイン画面

千葉大生が読めるかどうか楽にわかる方法

CiNii Articlesにログインして検索していると、以下のような画面にたどりつくと思います。

検索結果画面

この 「@千葉大」 アイコンをクリックすると千葉大生が読めるかどうか簡単にわかります。

クリックすると、以下のような画面になります。

電子ジャーナルAtoZ

チェックするポイントは以下の通りです。

①読みたいものの「日付」が「収録範囲」に含まれていること

日付と収録範囲

②「リソース」に 「学外から利用可」 と書かれていること

学外から利用可

…ちなみに
実際に論文を手に入れるためには、もう一度「大学名の選択」などの操作が必要になる場合もあります。しかし、その操作方法や手順は、上記の画像で【リソース】と表示されているリンク先(学外からの入手先)それぞれによってかなり異なります。

…そのために、
みなさんは、「リソースごとの操作方法と手順」を確認する必要があるケースが多いです。

ココをクリックしてみてください。図書館の人が作成した「リソースごとの操作方法と手順」の説明書(PDFファイル)をダウンロードできるページが開きます。

…今回の例では、まず、
①そのページから「メディカル・オンライン(国内電子ジャーナル)」を探し、
②その隣の「ログイン方法PDF」というリンクをクリックすると、
③その手順が確認できるファイルが開きます。

あとは、論文というリンクをクリックして、そのファイルに書かれた手順に沿って操作すれば、論文を読むことができます。

「メディカル・オンライン」以外の入手先についても、この「ログイン方法PDF」が準備されています。 驚かずに、説明をみながら、まず、各自でトライしてみてください。

ちなみに

今回紹介したCiNii Articlesはログインしなくても検索することができます。ですが、ログインして 「@千葉大」 アイコンをクリックしたほうが、より早く 読みたいものを読むことができます。

トップ