千葉大学学術リソースコレクション c-arc

ビューワーの使い方

千葉大学学術リソースコレクションに搭載されている画像は、IIIF(International Image Interoperability Framework)という画像公開のための国際規格に対応しています。
本コレクションではUniversal Viewer(UV)とMiradorの2種類の画像ビューワーを用意しています。操作方法や機能に違いがあるので、利用目的に合わせてビューワーを選択してください。

UVの機能と使い方

Universal Viewer (UV)
# 機能 説明
拡大/縮小/回転 「+」をクリックで拡大、「-」をクリックで縮小されます。「回転アイコン」をクリックすると画像が右に90°回転します。
マウスホイールでも拡大、縮小ができます。また画像をクリックするとその部分が拡大されます。
ダウンロード 画像をjpeg形式でダウンロードできます。
シェア 表示されている画面のURLやWebサイトにこの画面を埋め込むためのHTMLタグが取得できます。
全画面表示 ビューワーを全画面表示します。
資料情報 資料情報(タイトル、著者などの情報、利用条件)を確認できます。

Miradorの機能と使い方

Mirador
# 機能 説明
拡大/縮小/回転 「+」をクリックで拡大、「-」をクリックで縮小されます。拡大している状態で「<」「>」などをクリックすると画面上をその方向へ移動できます。中央の家マークをクリックすると最初の状態に戻ります。
マウスホイールでも拡大、縮小ができます。また画像をクリックするとその部分が拡大されます。
サムネイル表示 クリックでサムネイル一覧が表示されます。
アノテーション 画像にメモやタグを付けることができます。
※付与したメモなどのデータはインターネット上に公開されるわけではなく、お使いのパソコンなどに保存されます。
画像操作 画像の明るさの調整、白黒反転、回転などの操作が行えます。
全画面表示 ビューワーを全画面表示します。
資料情報 資料情報(タイトル、著者などの情報、利用条件)を確認できます。

補足:Miradorの便利な機能
画像を並べて表示

Miradorでは、IIIFに対応した複数の画像を一つのウィンドウ内に並べて表示させることができます。従来の画像ビューワーに比べ、画像同士の比較が容易にできるという利点があります。ここでは例として、千葉大学学術リソースコレクションの「麻疹流行年数」と、国立国会図書館デジタルコレクションの「麻疹養生之伝」を並べて表示させてみます。

  1. 画像スロットの追加
    Mirador

    画面左上のスロット数変更アイコン(赤枠内)で「右にスロットを追加」を選択すると、「麻疹流行年数」の右側に空白の画面が表示されます。画面右上のアイコンからも同様の操作を行うことができます。

  2. 並べたい資料のIIIFマニフェストを読み込む
    Mirador

    別ウィンドウで国立国会図書館デジタルコレクションの画面を開き、「麻疹養生之伝」のIIIFマニフェストを先ほどの空白部分にドラッグ&ドロップします。

    Mirador

    または、空白部分をクリックして開く画面右上で「URLで新規オブジェクト追加」ボックスに「麻疹養生之伝」のIIIFマニフェストをペーストして読み込み、表示されたサムネイルをクリックして選択します。

  3. 完了!
    Mirador

    二つの画像が並びました。①~②の操作を繰り返すことでより多くの画面を並べることもできます。

IIIF対応の画像公開サイト

IIIFにて資料を公開している主な他機関を紹介しています。

(大学図書館、研究機関等)

(国立国会図書館、公共図書館等)

サイトのホームに戻る