Project

プロジェクト

 千葉大学アカデミック・リンク・センターでは、以下のプロジェクトの推進を通じてアクティブ・ラーニング・スペース、コンテンツ・ラボ、ティーチング・ハブの三つの機能を実現し、もってアカデミック・リンクの目的を達成しようとしています。

「レガシーコンテンツ再生」プロジェクト (Legacy Revitalized Project)
 すでに刊行されているパッケージ型メディア(図書、ヴィデオなど)の電子的再生と学習における利活用のための提供環境を整備します。

「デジタルコースパック」プロジェクト (Digitally Packagd Course Project)
 自作教材、著作物の一部など、これまで教室での配布にとどまっていた授業資料の電子的パッケージ化を実現し、提供環境を整備します。

「オンラインクラスルーム」プロジェクト (Online Classroom Project)
 授業の動画配信を中心とするe‐learning環境を整備し、実施します。

「情報利用行動定点観測」プロジェクト (Student Behavior Observatory)
 学生の学習行動と学習成果の関連を、情報利用行動と学習/生活空間の利用状況から継続的、横断的に検証します(調査の実施、分析)。

「参加する学習」プロジェクト (Social Learning Project)
 アクティブ・ラーニング・スペースでのコンテンツを利用した「学生による学生のための学習相談」を実現し、そのためのアカデミック・リンクによる体系的SA研修を構築します。

「教育力」・「学習力」向上プロジェクト (Faculty, Staff&Student Development Project)
 学生、教職員によるアカデミック・リンク機能についての理解と活用を促し、学習、教育にかかるスキルの向上を実現します(セミナー、シンポジウム、FDの実施)。

「新しい図書館員」プロジェクト ("Librarians connected to Learning" Project)
 学習に関与する新しい図書館員概念を確立するとともに、彼らを中心に、教員(「オフィスアワー@アカデミック・リンク」)、学生(「参加する学生」)との協働を基礎とする個別的学習支援モデルを構築し、実施、評価します。


アカデミック・リンク機能実現のためのプロジェクト推進と組織
(図をクリックすると拡大図が表示されます。)
project_img