• ALPSプログラム キックオフシンポジウム「教育・学修支援専門職の確立に向けて」別会場で同時中継を行います(12/7)

ALPSプログラム キックオフシンポジウム「教育・学修支援専門職の確立に向けて」別会場で同時中継を行います(12/7)

アカデミック・リンク・センターI 棟203コンテンツ制作室は、Adobe Creative Cloud をはじめとした動画編集や画像制作のソフトウェアが入ったPC や、A4/A3スキャナーが備えられ、また技術スタッフが常駐しておりますので、マルチメディアコンテンツ制作に適した環境が整えられています。

教材動画を編集したい、サークルのポスターを作りたい、課題をスキャナーでスキャンしてデータ化したい…等、そんなときは、ぜひお気軽にご利用ください。

今回は、そのコンテンツ制作室をご利用いただき作成した「あーち vol.20」をご紹介します。

法政経学部・水島ゼミ発行のコミュニティマガジン「あーち vol.20」の制作

あーち vol.20 表紙 あーち vol.20 本文 あーち vol.20 本文
  • 使用機材:Windows10 PC/スキャナー
  • 使用ソフトウェア:Adobe Photoshop/Illustrator/Acrobat Pro DC ほか
コンテンツ制作室の設備一覧はこちら

法政経学部 水島治郎先生のコメント

法政経学部・水島ゼミでは、Think globally, act locally をテーマとして、千葉市中央区の旧中心市街地を舞台に2006 年以来まちおこし活動に携わっており、すでに10 年になります。2008 年度からは、コミュニティマガジン「あーち」を発行し、地域の方々にお届けしています。タイトルの「あーち」には、地域と学生との「橋渡し」になりたいという願いが込められています。

ただ、マガジン製作のための技術を持つ学生は限られており、地域の方々に楽しんで読んでいただけるマガジンを毎号作るのは大変でした。

しかし昨年来、コンテンツ制作室の皆様にご協力いただくことができ、自信を持って読んでいただける仕上がりの「あーち」を発行することができました。

法政経学部 水島ゼミ生のコメント

ゼミの活動の一環で情報冊子を作る際、Adobe Illustrator をコンテンツ制作室で利用しました。

大きなパソコンで作業できるので効率がいいですし、わからない作業があればスタッフの方が逐一丁寧に教えて下さったので、全くの初心者でしたが冊子を一冊完成させることができました。

今後も有料ソフトなど、使う必要などがあれば活用させていただきたいです。

※「あーちvol.20」は、アカデミック・リンク・センターI棟203コンテンツ制作室、N棟3階PCサポートデスク側で見本をご覧いただけます。
コンテンツ制作室利用案内