Seminar
セミナー

ポストコロナの時代における高等教育とそれを支える教育・学習支援
ポスター(pdfで開きます)

開催日時・場所

  • 2022年3月30日(水)13:30-16:30
  • Zoomによるウェビナー形式での開催

講師

  • 基調講演
  •  国際基督教大学学長 岩切 正一郎 氏

  • パネルディスカッション
  •  コーディネーター:
     千葉大学アカデミック・リンク・センター長 竹内 比呂也

     パネリスト:
     国際基督教大学学長 岩切 正一郎 氏
     大阪大学全学教育推進機構教授 村上 正行 氏
     千葉大学社会科学研究院准教授 横田 明美
     千葉大学アカデミック・リンク・センター特任准教授 國本 千裕

概要

千葉大学アカデミック・リンク・センターは、附属図書館、総合メディア基盤センター(現在の統合情報センター)、普遍教育センター(現在の全学教育センター)が協力し、平成23(2011)年4月に発足しました。コンテンツ、人的支援、空間の三要素の有機的結合によって「考える学生の創造」をめざした「アカデミック・リンク」は、その重要な要素の一つである空間(現、附属図書館N棟)が平成24(2012)年3月にオープンすることで本格的に活動を開始しました。この空間は「アカデミック・リンク」のコンセプトの象徴的な存在であり、今日に至るまで、多くの学生の学びの場として活用されています。また、大学における学生の自律的な学習を促す環境の先導的なモデルとして注目を集め、多くの視察者を迎えてきました。

アカデミック・リンクは、徐々にその活動の対象を広げ、学部生のみならず大学院生をも対象とした「知のプロフェッショナル育成」を掲げて新たな学習支援の領域を開拓するとともに、教育・学習に係るIR、FD、SD活動の中核としても活動を展開してきました。その中でも特筆すべきは「アカデミック・リンク教育・学修支援専門職養成プログラム(ALPSプログラム)」であり、平成27(2015)年に文部科学省教育関係共同利用拠点の認定を受けて以来、履修証明プログラムの開発・運営、各種セミナー・シンポジウムの開催を通じて、本学のみならず日本の高等教育を支える人材の育成に取り組んでいます。

令和4(2022)年3月は、アカデミック・リンクが本格的な活動を開始してから10年となることから、これを記念し、シンポジウムを開催します。しかしその内容は、この10年間の活動や実績を振り返るのではなく、学習環境が大きく変容し、学生の意識も行動も変わっていく可能性が高いポストコロナという時代における高等教育とそれを支える教育・学習支援はどうあるべきか、皆さまと共に探っていきたいと考えています。なお、本記念シンポジウムは、ALPSプログラム第7回シンポジウムを兼ねるものです。

申込方法

以下から必要事項を入力してください。
登録後、入力したメールアドレス宛に、アクセスに必要な情報が届きます。当日まで大切に保管してください。

                        

ご記入いただいた個人情報は、当シンポジウムの受付のほか、個人を特定しない統計情報として当センターの運営のために利用し、国立大学法人千葉大学個人情報管理規定に基づいて厳格に管理いたします。

                        

申し込みは3/18で締め切りました。多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

なお、講師からの資料がある場合、シンポジウムの開始後に配布いたします(Zoomのチャット機能を使用します)。予めご了承ください。

問い合わせ先

千葉大学アカデミック・リンク・センター alps-info☆chiba-u.jp (☆を@に変えてください)